メカコレ 波動実験艦 銀河 完成しました! スケールモデル後の箸休めに製作しました。 ・キットについて ヤマト2202と統一感を残しつつ、適切なパーツ分けで複雑な艦橋周りを表現しています。 46cm三連装砲塔(ショックカノン)3基9門は現存しているものの、艦橋構造物の大型化の関係で副砲塔2基は撤去されている。その他魚雷発射管等は残っているようで、恐らくはこれでバリアミサイル等を開発したのではないか、と考えられる。, ・46cm三連装ショックカノン砲塔×3基 宇宙戦艦ムサシ(銀河改造) ご覧いただきありがとうございます☆自宅保管の中古品ですので、完璧なものをお求めの方はご入札をお控えください。ムサシのサイズは、31cm×6.5cm×11cm、銀河の改造品で、窓なしバージョンにしています。 宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たちに登場した 波動実験艦銀河 のモデルともいえる 波動実験艦ムサシ も復活編で登場しています。 そんなことを考えると、「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」には、 宇宙空母ブルーノア がなんらかの形で登場するのではないかな? 波動実験に際して、波動実験艇と呼ばれる小型船を8隻格納しており、観測や情報収集等に勤しんでいるのではないかとも考えられる。, 上記したように、船体構造はほぼヤマトと同一である一方、艦橋構造は全くの別ものとなっている。三段構造で、最上階が研究室、中段が操艦室、下段が観測室となっており、最下段は視界が広くとれるよう、ステンドガラス風になっている。 ムサシは、ヤマトが再建されるよりも早く建造され、2210年に進宙(進水?)した模様。これはヤマト再建に向けた前進計画であり、波動エネルギーを用いた実験艦として行動していたとされている。 メカコレクション 波動実験艦 銀河. 宇宙戦艦ヤマト復活篇 (再利用元) この構造は細部や艦幅を除き「復活篇」に登場したヤマト型二番艦「ムサシ」に瓜二つ、もといそのものであるが果たして両者の関係やいかに。 一応、宇宙戦艦ヤマト復活篇でヤマトの姉妹艦として、波動実験艦ムサシなるものが出てきてます。 こちらは、ヤマトのコピー艦ですね。 (ちなみに最新作宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たちにムサシのリメイクメカ波動実験艦銀河がでます。 『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場するヤマトの姉妹艦。正式名称『波動エネルギー研究艦 銀河』。識別番号はBBY‐03。初代艦長は藤堂早紀。 次世代航宙艦開発及びヤマトが持ち帰り本艦に移設されたコスモリバースシステムの研究並びに利用の為に建造されたヤマト型艦艇である。 識別番号が”03”で、ヤマト級の3番艦とされている事から銀河の前にもう1艦存在するのではないかとされるが、真相やいかに。 さて、5月の静岡ホビーショーで目隠し展示され、その後、公式に発売が発表された波動実験艦 銀河の1/1000キットの予約が開始されました。 う・・・・・・ん? また、その艦橋の最上部には、後方へ向けて伸びるヘリの着艦スペースの様な、広けているペースがあるのも大きな特徴の一つ。こういった、戦闘艦とは一線を越したデザインからして、あくまで実験行為が目的である事が窺える。第三艦橋部分も、下方へ視界が広く開けるようなガラス張りになっている。 どの様な実験内容かは明らかにされてはいないが、ブルーノアに搭載されているという、波動エネルギー偏向装置(ホーミング波動砲)の開発や、バリアミサイルの開発に貢献していた可能性がある。 銀河は宇宙戦艦ヤマト復活篇ディレクターズカット版の最後のほうに少しだけでてくる波動実験艦ムサシというのが出てくるのですが デザインはあれを参考にしたんだと思いますのでよろしければ確認されてみては如何でしょう? もっとも、新スタートレックのスタッフは『宇宙戦艦ヤマト』の存在を知らなかった(ussヤマトの由来はあくまで戦艦大和である)らしいが。ちなみに、スタートレックオンラインにはしれっと後継型のヤマト級ドレッドノートクルーザー、USSヤマト(NCC-92199)が登場してたりする。, 宇宙戦艦ヤマト2202 (出典) 波動実験艦ムサシ; 消滅エンドに登場するヤマト型2番艦。 独特なシルエットをしている。 余談だが、メカデザイナー繋がりのためか 宇宙戦艦ヤマト において同艦に似た形状をもつ 「波動実験艦 銀河」が登場。こちらはなぜか3番艦である。 波動実験艦武蔵 ~遥か遠き起源の惑星〜(作者:朱鳥洵)(原作:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち) 西暦2205年。 宇宙を席巻したガトランティスの脅威は去った。 地球は行き過ぎた軍拡路線を撤廃し、新たな道を歩み始めている。 シド・ミード (デザインオマージュ元) YAMATO2520 これが「ヤマト級二番艦」の初出です。ここでは、「ムサシ」とアンドロメダの退場劇として、それぞれ 大破と撃沈 という結末が用意されていることが分かります。 2015年11月20日 (略) ヤマト級二番艦、銀河 … 他方、波動実験艦「銀河」や最終決戦仕様のヤマトには違和感しか覚えない。 しかし、思えば波動実験艦「銀河」のデザインは、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』(2012年)に一瞬だけ登場した波動実験艦「ムサシ」のデザインを踏襲したものである。 メカコレ「波動実験艦 銀河」を購入。とにかくカッコ悪いと言われがちな銀河です。 旧作復活篇dc版のムサシに近いデザインだと思います。 どっちもどっちです かね? 波動実験艦ムサシの丸パクじゃないのコレ 41 ... に寄せなかったしアンドロメダも地球軍側の艦船のデザインも悪くないと思ってたら波動実験艦銀河出て来て絶望した メカコレ 塗装 完成品 【 宇宙戦艦ヤマト2202 波動実験艦 銀河 】 愛の戦士たち ★ メカコレクション バンダイご覧いただき、ありがとうございます。コレクション整理の為出品させていただく事になりました。・本体 (台座付き)・パッケージ箱 宇宙戦艦 (分類) エンタープライズとヤマトはギャラクシー級であり、もしかすると銀河という艦名はその逆オマージュかもしれない。 2199で続編を作らせないために波動砲を封印してしまったから、波動砲を使う事の意味について作品としてフューチャーする必要があったという敗戦処理。 新たなる旅立ち以降のリメイクの続編を作るため … 1/1000 波動実験艦 銀河 機動戦士ガンダムシリーズのプラモデル「ガンプラ」をはじめ、新商品・イベント・キャンペーンの情報を発信中! 発売スケジュール 小林誠 本艦のデザイン担当, 『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場するヤマト級戦艦の1隻。次世代艦開発やコスモリバース研究解明の為の実験艦として建造された。, ファイナルシーズンも絶好調!「進撃の巨人」のファンアート特集【アニメのおさらいにも】. 次世代航宙艦開発及びヤマトが持ち帰り本艦に移設されたコスモリバースシステムの研究並びに利用の為に建造されたヤマト型艦艇である。 艦首には、地球連邦マークと銀河と書かれた”栓”がされており、かの「完結編」でヤマトが自爆する際に使用した”ボルトヘッド・プライマー”を彷彿させる。, ベース元となったヤマトと比較して武装はかなり削減されており、主砲となるヤマト譲りの48mショックカノン砲9門はダミーとされ使用不能となっているが、それでも魚雷発射管や隠蔽式対空火器多数等、研究艦として建造されたにしては妙に重武装となっている。 小林が描いたムサシのデザインをベースとして3Dモデルがまず作られ、本作用に修正が加えられている。玉盛は艦橋構造物を中心にディティールアップを行っており、「産業革命の後でネオゴシックの時代、エッフェル塔のようなクラシカルな雰囲気を取り入れることができるのはないのか?」と考え、観測ドームのテイストを取り入れるなど、小林のデザインを整理する形で関わったという。 主艦体の基本形状は『2202』版のヤマトとほぼ同じだが、艦橋の形状や波動砲に砲栓があること、主砲塔の測距儀 … 1. SUS軍の主力戦艦で、楔型(船形に近い)の艦体をしており、その艦体上下に長方体を繋げた様な姿をしている。砲を艦体上部に並列配置する形で4基、下部に固定式縦列5連装大口径ビーム砲を2基という重装備で、正面攻撃力は高い。配色や艦橋のデザインなどは、『YAMATO2520』に登場するセイレ… ヤマト特有の対空火器の数々は、隠蔽式とされたことで表面上には見当たらなくなっており、艦体両舷には、ムサシにはない窓と思しき何かがズラリと並んでいる。 また、本艦特有のシステムとしてコスモリバースを暴走させ波動共鳴なる現象を引き起こす装備があるようで、これについては第六章で明かされることとなる。, 前述のとおり本艦のデザインは宇宙戦艦ヤマト復活篇DC版に登場した波動実験艦ムサシをベースに……もとい流用であるが、さらにこれの元をたどると打ち切りとなったOVA『YAMATO2520』用にシド・ミード氏がデザインを手がけた第18代目コスモアドベンチャー型宇宙戦艦YAMATOがある。, また、新スタートレックにエンタープライズ号の姉妹艦として「USSヤマト」が登場した際、吹き替えで「宇宙戦艦ヤマト」と呼ばれたことがあった。 『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場するヤマトの姉妹艦。正式名称『波動エネルギー研究艦 銀河』。識別番号はBBY‐03。初代艦長は藤堂早紀。 「波動実験艦 銀河」の識別番号がbby-03なので BBY-02の「2代目ヤマト」や「ムサシ」っていう布石かもしれませんね。 投稿: | 2018年6月16日 (土) 13時26分 バンダイスピリッツ メカコレクション 波動実験艦 銀河(宇宙戦艦ヤマト2202)594円楽天バンダイスピリッツ メカコレクション 波動実験艦 銀河(宇宙戦艦ヤ… 波動実験艦ムサシ (〃) ・魚雷発射管×12門(艦首6門、艦尾6門), 実験艦とされているものの、武装の46cm砲9門は健在。魚雷発射管も12門も残されているが、殆どは実験の為に使用されている模様。ただし実験艦とあって、その性能は高いのではないかと思われ、特に観測技術はずば抜けているのではにかと考えられる。太陽系にあって、銀河中心部に転移した地球を観測できたことからも、その性能の高さが伺える。, 地球がブラックホールに飲み込まれた後、太陽系に残っている住民を救助するべく行動しつつも、飲み込まれた地球が銀河中心部へと姿を現したことを観測し、報告している。, 宇宙戦艦ヤマト復活篇 宇宙戦艦ヤマト 武蔵 宇宙戦艦 劇場映画『宇宙戦艦ヤマト復活篇』のディレクターズカット版において登場した、地球連邦の宇宙艦艇でヤマトの準同型艦である。準同型艦と言うのは、ヤマトの設計を踏襲している一方で、艦橋構造物等は大きく異なるからである。 ムサシは、ヤマトが再建されるよりも早く建造され、2210年に進宙(進水?)した模様。これはヤマト再建に向けた前進計画であり、波動エネルギーを用いた実験艦として行動していたとされている。 どの様な実験内容かは明らかにされてはいないが、ブルーノアに搭載され … 1/1000 波動実験艦 銀河(1/1000) (プラモデル) 宇宙戦艦ヤマト バンダイ 2432912 ガンプラ他を通販で販売しています。 また、物語最後には、ブラックホールに飲み込まれた地球が銀河中心部に出現したと、との観測結果を報告していることからも、波動エネルギーを転用した観測技術は並みならぬものとなっているのではないか、とも推測される。 改・ヤマト型超弩級宇宙戦艦武蔵を作る事にしました(^-^ゞ 1/1000宇宙戦艦ヤマトのプラモデルを改造して作る事にしました(^^) その中でワンカット出てきた波動実験艦ムサシ。 2202ではこれが銀河となって登場するわけだけれど、個人的にはムサシでなくなってよかった。 ムサシを出すならワタシとしてはヤマトと基本的に同型艦として出したい。あんなへんなドームは無しで。 さてこれは先週の事でしたが、アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202―愛の戦士たちー」に登場していたヤマトの姉妹艦「波動実験艦銀河」の1/1000スケールモデルを購入していました。 劇場映画『宇宙戦艦ヤマト復活篇』のディレクターズカット版において登場した、地球連邦の宇宙艦艇でヤマトの準同型艦である。準同型艦と言うのは、ヤマトの設計を踏襲している一方で、艦橋構造物等は大きく異なるからである。 「波動実験艦 銀河」に搭載された無人戦闘機。ガトランティスとの総力戦に備えるべく、人的要員確保のため零式52型空間艦上戦闘機〈コスモゼロ〉をベースに、ガミラスの月面防御用ドローンの自律機動システムを導入、無人化した機体である。 波動実験艦銀河 「宇宙戦艦ヤマト2202」に登場するヤマト級3番艦。ちなみに「2202」世界にも波動実験艦ムサシ(に相当する艦艇)の存在が示唆されている…が、提唱者が実にアレな輩なのでどこまで公式かは…, 劇場版『宇宙戦艦ヤマト復活篇』(ディレクターズカット版)に登場したヤマトの準同型艦。ヤマト再建に先立って建造され、波動エネルギーに関する実験を各種行っていた模様。艦名からして戦艦『武蔵』から取ったと考えられる。, ファイナルシーズンも絶好調!「進撃の巨人」のファンアート特集【アニメのおさらいにも】. 1/1000はちょっと…と思っていましたが、メカコレで発売されるとお手軽なので買ってしまいました。 メカコレは解説が一切ないので、銀河について何もわからないのが辛いところです。 他方、波動実験艦「銀河」や最終決戦仕様のヤマトには違和感しか覚えない。 しかし、思えば波動実験艦「銀河」のデザインは、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』(2012年)に一瞬だけ登場した波動実験艦「ムサシ」のデザインを踏襲したものである。 こんばんは! 「ずっしー。」です! 今日も一日お疲れ様でした! ☆☆☆ . 識別番号が”03”で、ヤマト級の3番艦とされている事から銀河の前にもう1艦存在するのではないかとされるが、真相やいかに。, ヤマトをベースとしている為、艦体構造はほぼヤマトと瓜二つである。ただし、大きく異なるのは艦橋構造物で、戦闘艦には似つかわしくない極めて視界の広いガラス張りのドーム型となっている。その上部、別の艦橋が2カ所設けられている。また、後部に向かって大きく張り出しており、前衛武装宇宙艦の空母型であるアポロノームおよびアンタレスの艦橋構造に通じるものがある(制作時系列上では、銀河もといムサシが先達である)。 この艦橋デザインは、かつてシド・ミード氏がデザイン担当した『YAMATO2520』に登場する、第17代ヤマト或いは第18代ヤマトのブリッジデザインに似ていると言っても過言ではない。というよりも、復活篇の艦船の中には、2520のデザイン関連が多用されている為であると考えられる。, 武装の面でも使用できないものや撤去されたものがある。まず波動砲の射出口が栓で塞がれており、使用は出来ない模様。船体両舷にあった対空パルスレーザー機銃郡も、殆ど装備されていない。 艦の内外に波動実験艦 銀河からさまざまな兵装やシステムが移設されているほか、外観上のデザイン変化としては対空兵装の増加やコスモレーダーの大型化が挙げられ、艦載機はコスモタイガーii三座型に積み替えられている。 波動実験艦ムサシ ヤマトの準同型艦 。、ブリッジ周辺が大きく異なり、波動砲も砲栓で塞がれている。2210年造船。波動実験艇を8隻格納しており、ヤマト再建計画に先駆けて各種実験を行っていた。 宇宙戦艦ヤマト2202 波動実験艦 銀河 1/1000スケール 色分け済みプラモデルほかロボットのプラモデルが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。